新卒一括採用が当たり前の社会で既卒の就職はどうすべきか

 一般的に日本の社会は一度就職に失敗するとなかなか次の道が開けないと言われています。その大きな理由は日本の社会では新卒一括採用が当たり前だからです。

 

 ですから、新卒で就職活動が上手く行かなかった人はその後まともな就職先に就職できないというのはみなさんもなんとなく理解されていると思います。ですが、だからといって既卒者がまともな就職先に就職できないのかといえば答えはノーです。確かに新卒よりも就職する時のハードルは高くなるのは仕方のない事ですが、既卒者だからといってもう一生アルバイト生活になるという事ではないです。

 

 ただ、そのためにはそれ相応の努力は必要になってきます。例えば、あなたが就職したいと思っている所ではどういう人材が求められているにかとか、正しく理解して自分がその会社にとって有益な存在である事をアピールできるだけの物を備える事が必要になってきます。

 

 その点が新卒の就職活動の時とは決定的に違うところですが、仕方のない事です。要するに既卒者がまともな企業に就職しようと思ったらその会社で即戦力になるだけの力を持っていなければならないという事です。

 

 それはどうしてかというと、会社としては経験ゼロの人間を雇う時は新卒者だけにしたいと思っているからです。その方が会社にとっては新人教育等の面でいろいろ都合が良いからです。

 

 ですが、既卒者になると新卒よりも年齢が上になっている上にそこから新しくゼロから教えていくのはかなりしんどいからです。ですから、会社としては既卒者を雇うならそれなりに経験を積んだ実力者を欲するわけです。ですから、既卒でどこかの会社に就職したいと思うなら即戦力を身に着けてから就職活動をするのが成功のポイントとなります。