すぐにでも就職活動を始めて早く内定をもらうべき既卒

 既卒の就職活動は、大変な面が多くあります。面接官になぜ学生のうちに就職ができなかったのかということを深く突っ込まれてしまうかもしれません。就職活動に意欲的に取り組んでこなかった学生は就職をしても熱意を持って仕事を行えないのではないかと思われてしまいます。

 

 新卒で就職が決まらなかった理由を、マイナスの評価に繋がらないように考えておかなければなりません。既卒でも積極的に採用しようとしている企業は、理由次第で受け入れてくれるはずです。既卒の人が就職活動をする場合、早い段階で就職活動を始めなければなりません。

 

 経験がないからと言って、新卒と同じ4月入社を狙うのでなく、新卒を採用し損ねたり入って来た新人がすぐに辞めてしまって人が足りなくなったような会社を狙うべきです。そのような会社は、社会人経験のない人を採用したいと思っていますし、新卒の時期を過ぎて前向きに就職活動を行っている社会人経験のない既卒は、その条件にぴったり当てはまることになります。経験のないことだけが良いという訳ではないので、その仕事に必要な資格を取得したり、ビジネスマナーを身につけておくことは大切です。

 

 その会社で一から学ぶことにはなりますが、できるだけの実力は身につけておいた方があとで苦労は少ないでしょう。入社したあとに必要な力を身につけた上で、しっかりと面接対策なども行っておくべきです。既卒に対する面接官の質問は新卒とは違っている場合もあるので、色々なパターンを想定し、しっかり答えられるようにしておきましょう。既卒を採用するメリットを面接官にアピールすることで、内定に近づくことができます。